アポロン×スタパ! マインクラフト遠足交流会を開催!

 

大阪にあるオンラインプログラミング教室「アポロン」様が毎回開催されている『マイクラ遠足会』に、今回はスタパ!もお邪魔させていただきました(*’▽’)!

 

 

以下、当日の様子をご紹介

 

続々と教室に集まる

コロナには細心の注意を図りつつなのが大変。。

Zoomでコミュニケーション

アポロン様とは今回はiPadのZoom1台を使ってコミュニケーションをとりました。

1席だけの特等席

スタパ!では今回定員3名だけの参加としましたが、その内1席だけは、せっかく楽しそうなので大きなプロジェクターで投影してプレイできるようにしてみました。

特等席はソファで快適

もちろん、特等席と言うからには座る椅子だって豪華です(´▽`*)

教室の雰囲気

みんながみんな一つの教室にいるはずなのに、コミュニケーションはチャットやマインクラフトの中。

遠いような・・・でも近いような・・・

確実に言えることは、それぞれがすごく楽しそうな表情で参加していたこと。

保護者さまも食い入るように・・

マイクラの世界では、すべての人がクリエイター。

そこには年齢による固定概念が存在せず、その建築物は保護者様の想像をはるかに超えていきます。

楽しさの中に自然に生まれる個別の最適な学び方

マインクラフトは、まさにそういった偶然のような、自然に形作られていく「個別で最適な学び」を提供してくれるツールとして活用できると考えられます。

あらゆる年代が一つの空間に集まって遊ぶように学べることの有意性

Stapa Programmer’s Guildが目指す学びの空間は、こんな写真が織りなす暖かい空間から、生徒本人だけではなく、その生徒からさらに周りの環境への変化にもつながる、「暖かい連鎖」を大事にしています。

 

 

この日は、Stapa Programmer’s Guildにとっても、大きな学びの時間になりました。

また今後も同様のイベントを企画、またはアポロン様にも混ぜてもらうなど、プログラミング教室の垣根なく、つながっていけたらと思う1日でした。

 

参加してくれたみなさま。

アポロンさま。

このたびはありがとうございました!